読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの情報と独自の企画案などを書くブログ

ゲームの企画案とオススメゲーム&攻略等を書くブログ。サイト一番下にオススメ商品をまとめてます。読者登録、ブクマ等大歓迎です。また、質問相談等もあればどうぞ。出来る限り返していきます

オリックスのフロントの力量が試されるドラフトになる 2016

一位指名候補として

田中、佐々木、柳に加え山岡という名前が出ました。

 

一位指名で山岡、外れか二巡で池田

という予想もある。大半の紙面が一位山岡となっているが、これは本当に指名するのか否か、ここでフロントの有能か無能かの力量がわかるポイントになる。

 

 

山岡を外れ一巡まで残す作戦の可能性

誰が何と言おうと今年のNo1は田中正義。ただ既に三球団が指名を明言しており、くじ引きは必須。

即戦力を求める事でフロントと現場が合意しており、チーム事情からも外れ一巡も即戦力がテーマになる可能性は高い。その場合大事なのはクジに外れた場合にどの選手が残っているかということ。

山岡は単独指名の可能性が非常に高く、もしかしたら柳も単独指名の可能性がある選手だ。その彼らを保険として残せるのならばその手を使わないわけがない。

 

つまり、指名宣言をすれば確実に取れる選手を一巡の頭で指名することをメディアに漏らし、競合を臭わせる。競合してまで取る必要がない選手ならば当然指名を避けるわけで、外れ一巡まで残るという考え方。

 

これで田中を外した場合の即戦力の保険が出来上がるというわけ。

 

 

この可能性がある理由としては、山岡は指名宣言をすればほぼ間違いなく単独で指名出来るはずなので、ドラフト開始までに宣言がない場合は恐らく違うターゲットに変更しているものと考えられる。

 

 

ただ山岡説が濃厚ら理由もある

 

 

現場に屈したフロントに未来はない!?

フロントは未来、現場は現実を見るもの。

ドラフトといえど所詮はアマチュアなので即戦力というレッテルは不要なもの。必要なのは将来性であり、伸び代である。つまり極希に例外も存在するが完成度が高く伸びしろがなさそうなタレントはもっとも要らない部類の選手になってくる。

 

弱いチームほど即戦力を求め失敗するというのはどの国、どのチームでも同じこと。

特にオリックスは競合を避け、かつ大社中心な為、負ける為にチーム作りをしているといっても過言では無い。

有望な高校生はプロ入りし、下位指名候補や実力の無い選手は大学へ行くというパターンは代表的な例であり、近年メジャー行きをするような選手はほとんどこれに当てはまる。

 

広島や日本ハムソフトバンクはチーム作りが素晴らしく、かつ結果も出ている。

オリックスはお金も出せる球団なので、ドラフトで必ずしも全部埋める必要はないはず。若い選手中心にドラフト指名をし、FAで穴を埋める。そういう強いチーム作りの哲学をいい加減身につけて欲しいものなのだが・・