ゲームのお買い得情報と独自の企画案などを書くブログ

ゲームの企画案とオススメゲーム&攻略等を書くブログ。サイト一番下にオススメ商品をまとめてます。読者登録、ブクマ等大歓迎です。また、質問相談等もあればどうぞ。出来る限り返していきます

遂にポケモンGOで訴訟が発生

ブクマでも書きましたが、記事化してみたいと思います

URL

http://www.sanspo.com/geino/news/20160803/sot16080310040001-n1.html

 

訴訟大国アメリカにしては訴訟が起きるのが遅かった気はしますが、ポケモン好きが多かった為に訴訟を起こしたくない人達がいた為に遅くなったのではないかという謎理論で納得することにします。

 

ただでさえ、揉め事が起きやすいタイプのゲームがメジャータイトルの作品として発売され、かつ訴訟大国でも人気なのですから、訴訟数が右肩上がりになることは間違いないでしょう。

 

そもそも、ゲームというものはクリエイターの仮想空間であり、現実社会のものとかけ離れているものだと思うのです。その中にユーザーがいて、物によってはユーザー同士でコミュニケーションをしたり戦ったりするわけですが、PvPやP&Pを現実でするようなゲームは技術の発達により減り、オンライン要素を完備するのはスタンダードでありデフォルトと言ってもいいような時代になっているわけです。逆行し迷走している企業もありますが・・

 

ディズニーランドもそうですが「ここが現実空間ではない」と思わせる努力も必要なわけです。敵を何百人もバッサバッサと殺すソフトを現実空間だと思ってしまったら大変なことが起きますし、実際過去に起きてますからね・・。

 

 

要するに何が言いたいかというと

ゲームはゲームの世界でやるべきことであって現実要素を入れるべきではないと思ってます。このゲームの問題点についてはまた別の時に詳しく書きたいと思ってますが、位置情報を使ったゲームをメジャーなタイトルが用いることにより問題事が増えるのは目に見えていたはずなのですよ・・。

 

我々、ゲーマーはゲームの世界で生きてるからこそ良いわけで、よその世界に行けば当然問題は起きる、起こしてしまう。

 

なので、家でも外でもイスに座ってプレーするというのが本来のゲームの形なのですよ。ゲーセンも立ち歩かないですし、携帯ゲーム機もスイッチをオンにするだけで歩きゲームをする必要は全くないわけですから。

つまり歩いてプレーすることは危険なわけです

そこでこれですよ

 

dt-takada.hatenablog.com

 

 

ついでに全然違うけどポケモン繋がりでGO

 

dt-takada.hatenablog.com

 

 

はい