読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの情報と独自の企画案などを書くブログ

ゲームの企画案とオススメゲーム&攻略等を書くブログ。サイト一番下にオススメ商品をまとめてます。読者登録、ブクマ等大歓迎です。また、質問相談等もあればどうぞ。出来る限り返していきます

どの選手名鑑を買うべきか。全スポーツのオススメ選手名鑑をまとめる

その他 スポーツ

毎シーズン、ほとんどのスポーツの選手名鑑が発売されますが、どれを購入すべきか迷ってしまう方多いのでは無いでしょうか?

筆者は毎年、毎回、全ての本をチェックし、良いものだけを購入しています

 

今回は、多数のスポーツを経験し、スポーツ観戦歴も長く、スポーツ本も頻繁に買う筆者がオススメする選手名鑑を競技毎にまとめていきます

 

また選手名鑑の必要性等も最後に纏めていきます

 

 

 

 

 

 

サッカー

世界最大のスポーツであるサッカー。

日本での人気も高く選手名鑑も数多く発売されます。

 

Jリーグのオススメ選手名鑑

 

オススメはこちらの本。近年はグッズがついており今年も恒例のグッズ付。

見易さ、誤字の少なさ等安定感が抜群で、万人向きの選手名鑑です。

こちらの本を買って不満を感じたことはないですね

 

ハンディー版(持ち運び可能な小さな本)についてですが、こちらは必要性を感じません。

スタジアム観戦ならばパンフレットが貰えますしそれで事足りる。ハンディー版は簡単な情報しかなく、スマホで検索する必要性があるので現代だとメリットを感じない。

 

 

 

海外サッカーオススメ

 

毎年こちらの本を購入しています。

選手数や紹介文、誤字誤植の少なさでこの本が毎年大きくリードしている。

海外サッカーは本も多数出ますが、これが一番ですね。

 

 

 

 

 

 

 

野球

プロ野球の本は日本のスポーツ選手名鑑で一番多く出ていると思う。

メジャーリーグの本も多く、一番選択が難しいスポーツですがまとめていきます

 

 

プロ野球オススメ選手名鑑

 

筆者はスラッガーの本を毎年購入しています。

安定感、無難さが抜けている印象があります。

 

プロ野球の選手名鑑は甲乙付けがたいものばかりで、読み比べたところで一つをなかなか決められません。各本、色々なデータを用いたり、多種多様なので迷うと思いますが、総合力はやはりこちらの本が僅かに高いような気がします

 

他の本も

 

マニアに人気の野球太郎や、評価が高い宝島社の選手名鑑とレベルが高い。

 

 

新聞では毎度お世話になっている日刊スポーツ

 

こちらもレベルが非常に高いですね。

 

値段がこの中では一番安い宝島社や日刊スポーツの本が2.3番手として君臨しているかなと筆者は考えております

 

 

 

 

メジャーリーグオススメの選手名鑑

 

筆者のMLB選手名鑑はこちら一択。

選択方法は消去法にならざるを得ないほど、他の本の質やコストの問題で勝手に脱落していってしまっている印象すらある。

選手数、ミスの多さ、見易さを考えると、日本スポーツ企画の本が絶対にオススメ。

 

 

ライバル関係にあるこちらの本

 

アップグレード版含め、パンチがなくユーザーの評価も毎度負けている。ソフトと言えばソフトなのだが、より完成度が高い本が出ているのでそちらを選ぶべきだろう

 

通向けの一冊

 

あまりの人気で執筆現在、入荷は予約状態となっています。

通向け、ディープな内容...このような表現が似合う一冊で値段は張るものの一定の人気を保っている。

ただ、メジャーリーグ通でない方にはオススメ出来ないのと、安定感カジュアル向きでもある前述のオススメの選手名鑑に勝つのは難しい。

物凄く癖があるので、通向けの方以外にはオススメ出来ない一冊だ

 

前述の通り現在品切れで再入荷が未定だが予約は可能という表現なので欲しい方は速やかに予約した方がよさそうだ。近所の本屋には置いていないことも多いのでね

 

 

 

 

 

 

バスケットボール

今季開幕で大人気の日本プロバスケットボールリーグ

Bリーグのオススメ選手名鑑

 

ここらでしょうか。

創設年ということもあり、手探り状態になってしまっていて他のスポーツと比べると安定感のある本とまではいっていません。

コスパを考えれば右側の本がいいでしょうかね。

創設年ですし、記念の一冊ということで一通り買ってみるのもありだと思っています

 

 

NBAオススメ選手名鑑

 

NBAは毎年ここの会社の本がオススメです。

他社とも見比べますが、選手数や安定感が全然違う。

差は縮まってはいますが、レブロン同様キングの座につき続けていると言っていいでしょう

 

 

 

 

F1、GT

発売後編集

 

 

 

 

ラグビー

後日編集

 

 

アメリカンフットボール

NFL

 

ここら辺になってくるとライバル自体がいなくなってくる競技ですが、こちらの本は毎年評価が高いです。

主力級の選手紹介とチームの展望等がわかるので一年に一冊このシリーズは必要不可欠ですね。

 

国内アメフト

 

 

 

 

アイスホッケー

国内

 

 海外だとNHLというビッグリーグがありますが、日本では放送自体ほとんどなく賑わうことすら出来ない状態。

一方国内は、2018五輪出場権を獲得した女子のスマイルジャパン筆頭にアイスホッケーは冬季スポーツでは人気です。その国内アイスホッケーの選手名鑑がこちら

放送される機会も今後多いですし、アイスホッケー好きやそうでない方にも買って貰いたい一冊ですね

 

 

 

 

格闘技

 

 選手名鑑らしい選手名鑑はここらへん。

格闘技の選手名鑑はあまりないのですが、発売されているものは一定のクオリティーはあるかなと思います。

 

 

 

自転車

 

筆者が近年新たにハマった競技の一つ。ロードレース。

今年はティンコフが解散したため、選手移動も活発でしたし、選手名鑑は絶対必要でしょう。

もう自転車シーズンは始まってますが、三大レースはまだまだ先。今から選手調べても遅くは無いでしょうから、人気が出そうな本ではあります

 

 

 

 

フィギュアスケート

 

毎年このシリーズが人気。

今シーズンは浅田真央さんの調子が良くないですが、頼シーズンは五輪がありますし、フィギュア大国日本を見せてくれるのでは無いでしょうか

 

 

 

 

こんなところでしょうか。加筆等していきます。

女子プロ野球韓国プロ野球の本も昨年は出ているので発売次第チェックしてみます

 

 

 

執筆時点では開幕が間近のJリーグ、すぐ後にオープン戦にリーグ開幕が訪れるプロ野球と日本のスポーツが熱くなってくる春が訪れますね。

今年は本当楽しみです。F1も始まりますがこちらも王者引退、新時代突入で面白くなりそうですよね。欧州サッカーやバスケなど佳境を迎えるスポーツもありますし、スポーツから目が離せませんね

 

 

 

 

筆者オススメの選手名鑑。購入はどのリンクからでも可能です

 

プロ野球オススメ選手名鑑

 

Jリーグオススメ選手名鑑

 

メジャーリーグオススメ選手名鑑